ISHIYAMA Hiromichi Official web site "Alien Vision" Alien Vision : Gallery

Alien Vision

"Alien Vision"=「宇宙から地球を見る。エイリアンの視点から地球と人間をとらえる。」をコンセプトに、Light , Darkness , Metamorphose , Kaiju , Manga 様々なタイプの作品群全てを制作。
The generic theme of the works is the concept of, "Looking down on earth from space. That is, from the perspective of an alien, capturing both the earth and the human race." The concept of the works of "Alien Vision" have been produced while utilizing all types of elements such as Light, Darkness, Metamorphose, Kaiju and Manga, among others….

想像力のない奴に、ー.jpg
© ISHIYAMA Hiromichi "想像力のない奴に、翼は持てない。"(モハメド・アリより) 2015 Photo:Matsubara Yutaka

あいまいなほし3/.jpg
「あいまいなほし 1」 2015 板 白亜地 油彩 © ISHIYAMA Hiromichi Photo:Matsubara Yutaka

D8M_6492-141228-fin.jpg
© ISHIYAMA Hiromichi "超世壊怪獣1<頭部>:Alien Vision 10" 2015 318×224×224cm 三重県立美術館
Installation view Photo:Matsubara Yutaka

エイリアンの化石1.JPG
© ISHIYAMA Hiromichi "エイリアンの化石:572,309,715,628,007,351,428年前" 2014 フレスコ画

002.jpg
© ISHIYAMA Hiromichi "Alien Vision × Taro Vision" 岡本太郎記念館 2013 Installation view Photo:Matsubara Yutaka

16.jpg
© ISHIYAMA Hiromichi "Alien Vision:unlimited oil"  2013 500×500×500cm Installation view: Taro Okamoto Museum of Art, Kawasaki  
Photo:Matsubara Yutaka

D8M_3560-finトリミング.jpg
© ISHIYAMA Hiromichi "Lightning" 2010 キャンバス 白亜地 油彩 227.3×181.8㎝ Photo:Matsubara Yutaka




▶ Original Technique
"Alien Vision"は数種類のオリジナルの技法を用いることで生み出されている。

1. "Paint × Sculpt"
FRP等の立体に西洋絵画の古典技法「白亜地」を施し、その上に油絵具で精緻に描画する独自の技法。彫刻と絵画の融合を実現させている。>>
2. "日本色タブロー"
FRP等の立体にホワイトパール(日本車メーカーが生み出した塗装色)を塗装し、その上に油絵具で直接描画する技法。日本人が自然に受け入れてきた色「ホワイトパール」で立体を新たなタブローとする。西洋が生んだ「油絵具」との相性が抜群に良い。>>
3. "ガンコラ"
ガンプラをコラージュする技法。>>
4. "Oil sculpture"
油絵具そのものを彫刻化する技法。>>


a
a

a
ー Alien Vision : Earth Blue "アース"

エイリアンの視点から地球と人間を見た世界。
The world of the earth and the human race as seen from the perspective of an alien.

Girl 2.jpg
「Earth Girl」 2013 板 白亜地 油彩 53×53cm 個人蔵 © ISHIYAMA Hiromichi Photo:Matsubara Yutaka

D3A_6237-140301-fin300.jpgD3A_6172-140301-fin300.jpgD3A_6176-140301-fin300.jpgD3A_6279-140301-fin300.jpgD3A_6182-140301-fin300.jpgD3A_6250-140301-fin300.jpg

「Alien Vision 9:Earth Boy:千年スーツ」 2014 FRP、Paint × Sculpt、日本色タブロー、ガンコラ、Oil sculpture 他 123×46×43cm
© ISHIYAMA Hiromichi Photo:Matsubara Yutaka

Earth Boy.jpg「Earth Boy」 2014 板 白亜地 油彩 116.7×116.7㎝ 作家蔵めがね3.jpg「Earth Boy:めがね」 2014 板 白亜地 油彩 65.2×65.2㎝ 個人蔵頭頂.jpg「Earth Boy:頭頂」 2014 板 白亜地 油彩 24.2×33.3㎝ 個人蔵Girl 2.jpg「Earth Girl」 2013 板 白亜地 油彩 53×53㎝  個人蔵Earth Girl:レンズ.jpg「Earth Girl:レンズ」 2014 板 白亜地 油彩 24.2×33.3㎝ 個人蔵Earth Girl:Bulge.jpg「Earth Girl:Bulge」 2016 板 白亜地 油彩 31.8×41㎝ 個人蔵
Light on the Earth.jpg「Light on the Earth」 2015 板 白亜地 油彩 116.7×116.7㎝雪わらべ.jpg「雪わらべ」 2014 板 白亜地 油彩 41×31.8㎝ 個人蔵Earth Boy パトカー.jpg「Earth Boy:パトカー」 2014 キャンバス 油彩 33.3×24.2㎝Earth Boy ライフル.jpg「Earth Boy:ライフル」 2014 キャンバス 油彩 24.2×33.3㎝Sea area:Cube.jpg「Sea area:Cube」 2014 板 白亜地 油彩 24×19㎝ 個人蔵Sea area:Moon.jpg「Sea area:Moon」 2015 板 白亜地 油彩 33.3×24.2㎝ 個人蔵
85-2.jpg「つのぴー85号」 2014 日本色タブロー 個人蔵

1

a
ー Alien Vision : Light "" ー

エイリアンの視点から地球と人間を見た世界。エネルギーに満ちた部分をとらえた"Alien Vision"の一つ。対象に迫り、繊細なタッチで画面をコントロールして描いたモノ。
The world of the earth and the human race as seen from the perspective of an alien. This particular work within "Alien Vision" seeks to capture that part which is filled with energy. It is a piece which presses toward the ideal target, and the screen is painted with control and a delicate touch.
a
Al1.jpg
「Alien Vision 1 ー真砂なす数なき星の其の中に我に向ひて光る星ありー」(正岡子規より)
2010-2011 板 白亜地 油彩 190×400cm © ISHIYAMA Hiromichi Photo:Matsubara Yutaka

A-1-h.jpg「Alien Vision 1 ・・」 2010-2011<detail>  190×400cm 作家蔵33-Img0167.jpg「Light on the surface」 2010 板 白亜地 油彩  116.7×116.7㎝ 個人蔵11-Img0124.jpg「Solitary Light」 2010 板 白亜地 油彩 53×53㎝ 個人蔵Img0695-2.jpg「Alien Vision 4:渦動」 2012 板 白亜地 油彩  162.1×162.1㎝ 作家蔵Img0161-a.jpg「Tears and Light」 2011 板 白亜地 油彩 116.7×116.7㎝ 個人蔵Img0670.jpg「Endless Light」 2010 板 白亜地 油彩  47.8×47.8㎝ 個人蔵
D8M_3560-finトリミング.jpg「Lightning」 2010 キャンバス 白亜地 油彩  227.3×181.8㎝ 作家蔵Img0672.jpg「Galactic Light」 2010 板 白亜地 油彩 45×45㎝ 個人蔵Img0144.jpg「Venom and Light」 2010 板 白亜地 油彩 91×91㎝Light in Venus 1.JPG「Light in Venus」2009 板 白亜地 油彩 91×91㎝ 株式会社世界堂蔵Img0130-a.jpg「Galactic Light」 2011 板 白亜地 油彩 53×53㎝2 Hi.JPG「Hi」 2009 板 白亜地 油彩 53×53㎝ 個人蔵
Light with Cancer 1.jpg「Light with Cancer 1」 2017 板 白亜地 油彩 53×53㎝Light with Cancer 2.jpg「Light with Cancer 2」 2017 板 白亜地 油彩 53×53㎝

a

a
ー Alien Vision : Darkness "脱力系" ー

エイリアンの視点から地球と人間を見た世界。Lightの対極として、闇に包まれた部分をとらえたもう一つの"Alien Vision"。俯瞰した視点から、ラフなタッチと偶然性を利用して描いたモノ。
The world of the earth and the human race as seen from the perspective of an alien. This particular work within "Alien Vision" seeks to capture that part which is a polar opposite of Light, and is wrapped in darkness. Painted from the perspective of an overhead view, drawn using of a rough touch and the element of chance.
a
0173-0176-0201-tri.jpg
「Alien Vision 2 ー太陽の下に新しきことなしとは古人の道破した言葉である。しかし新しいことのないのは独り太陽の下ばかりではない。ー」
(芥川龍之介「星」より) 2011 キャンバス 油彩 130.3×422.7cm © ISHIYAMA Hiromichi Photo:Matsubara Yutaka

21.jpg「Alien Vision 2 ・・」 2011 <detail> 作家蔵55-Img0219.jpg「赤い星」 2010 キャンバス 油彩 145.5×145.5㎝ 作家蔵黒い星 原版.jpg「黒い星」 2010 キャンバス 油彩 145.5×145.5㎝ 個人蔵44-Img0208.jpg「紫の星」 2010 キャンバス 油彩 145.5×145.5㎝みずのほ.jpg「みずのほし」 2011 キャンバス 油彩 53×20㎝ 個人蔵Img0116-a.jpg「にじのほし」 2011 キャンバス 油彩 24.2×33.3㎝ 個人蔵
宇宙温泉.jpg「宇宙温泉」 2013 紙 アクリル 色鉛筆 45.5×45.5㎝ 個人蔵闇の気配.jpg「闇の気配」 2011 キャンバス 油彩 24.2×33.3㎝Img0685-a.jpg「まつほし」 2011 キャンバス 油彩 33.3×33.3㎝ 個人蔵Img0682-a.jpg「まつほし」 2011 キャンバス 油彩 33.3×33.3㎝ 個人蔵Img0664-a1.jpg「あいまいなスタジアム壱」 2011 キャンバス 油彩 91×116.7㎝Img0688-a.jpg「あいまいなスタジアム弐」 2011 キャンバス 油彩 24.2×33.3㎝
あいまいなほし1.jpg「あいまいなほし1」 2015 板 白亜地 油彩 24.2×33.3㎝ 作家蔵02.JPG「あいまいなほし2」 2015 板 白亜地 油彩 22×27.3㎝03.JPG「あいまいなほし3」 2015 板 白亜地 油彩 24×19㎝06.JPG「あいまいなほし6」 2015 板 白亜地 油彩 16×22㎝

a

A

ー Alien Vision : Kaiju "超世壊怪獣"

宇宙から地球と人間を見つめるエイリアン。近未来の地球に巨大怪獣「超世壊怪獣」が出現する。怪獣は、地球人の子供がエイリアン「ゆーほーん6号」と融合することにより進化した姿である。絵画、立体の融合により生まれたモノ。
Aliens who are gazing at the earth and the human race from space. A Huge KAIJU of the name as "Cyou - Sekai - Kaiju" appears in the earth of the near future. KAIJU is the form that earthling's one child evolved by being fused an alien "YU - HO - N number 6". Created by fusing painting and three-dimensional objects.

D8M_6501-141228-fin.jpg

D8M_6492-141228-fin.jpgD8M_6508-141228-fin.jpgD8M_6490-141228-fin.jpgD8M_6494-141228-fin.jpgD3A_0176-141228-fin.jpgD3A_0136-141228-fin.jpg
D8M_6529-141228-fin.jpgD3A_0189-141228-fin.jpgD3A_0199-141228-fin.jpgD3A_0182-141228-fin.jpgD8M_6524-141228-fin.jpgD3A_0194-141228-fin.jpg
D3A_0165-141228-fin.jpgD3A_0178-141228-fin.jpgD3A_0168-141228-fin.jpgD3A_0187-141228-fin.jpg超世界怪獣1drawing.jpgb18.jpg

「超世壊怪獣1<頭部>:Alien Vision 10」
2014 FRP、Paint × Sculpt、日本色タブロー、ガンコラ、Oil sculpture 他 318×224×224cm 作家蔵
© ISHIYAMA Hiromichi Photo:Matsubara Yutaka

a

A

ー Alien Vision : Shock Man "しょっくまん"

人造巨人型サイボーグ "しょっくまん"。近未来の地球で、人類が"超世壊怪獣"に対抗するために造り上げたヒーロー。地球人の大人(主にサラリーマン)が改造されている。しかし、あまり強くない。頭部のツノから対象にショックな感情を注入する“精神衰弱破壊光線”を放つ。
The artificial giant type cyborg "Shock Man". They're the hero who fights against "Chou - Sekai - Kaiju" at the earth of the near future. Remodeled office workers transform themselves into that. But they aren't that strong. "Shock Man" sets the "psychoasthenia destruction ray" which pours the feeling which is a shock into a target out of a horn free.

しょっくまん1−1.jpg

しょっくまん1号.jpgsyo1.jpgしょっくまん1号ー.jpgsyo2.jpgsb1.jpgs2-.jpg

「しょっくまん1号」 2015 レジン、日本色タブロー 他 35.9×17.1×15.8cm © ISHIYAMA Hiromichi

a

A

ー Alien Vision : Metamorphose "エイリアン" ー

宇宙から地球と人間を見つめるエイリアン。エイリアンの体には"Alien Vision"(エイリアンから見た地球)が映り込み、さらにそれに反応してエイリアンの体は変容・変態してゆく。絵画、立体の融合により生まれたモノ。
Aliens who are gazing at the earth and the human race from space. (The earth as seen by aliens) This particular work within "Alien Vision" is a reflection on to the body of the alien, and the alien’s body slides further into metamorphosis in response to these visions. Created by fusing painting and three-dimensional objects.

22.jpg
「プラットホーム:ちきゅー」<detail> 2013 FRP © ISHIYAMA Hiromichi Photo:Matsubara Yutaka

たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日.jpg

R7.jpgR6.JPG147−.jpgR14.JPGR9.JPGたとえ明日1.jpg

「たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える。」(マルティン・ルターより)
2015 レジン、樹脂粘土、日本色タブロー、アクリルドーム 他 21×43×43cm 個人蔵
© ISHIYAMA Hiromichi Photo:Matsubara Yutaka

想像力のない奴に、.jpg148−.jpgアリ.JPG

「想像力のない奴に、翼は持てない。」(モハメド・アリより)
2015 レジン、樹脂粘土、日本色タブロー、アクリルドーム 他 10.8×22.5×22.5cm  Photo:Matsubara Yutaka

22213.jpg

D8M_3663-fin.jpgD8M_3673-fin_2.jpgD8M_3654-fin_2.jpgD8M_3700-fin.jpgD8M_3710-fin.jpgD8M_7746-131207fin.jpg

「Alien Vision 8 ー素朴に、無邪気に、幼児のような眼をみはらなければ、世界はふくらまない。ー」(岡本太郎「壁を破る言葉」より)
2013 FRP、Paint × Sculpt、日本色タブロー、Oil sculpture 他 168×82×60cm 別名:岡本太郎と大人つのぴー 作家蔵
©公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団 撮影 : 上 - 日比野武男/下 - 松原豊

D8M_3737-fin.jpg

D8M_7715-131207fin.jpgD8M_3754-fin.jpgD8M_3785-fin.jpgD8M_3737-fin.jpgD8M_3774-fin.jpgD8M_3806-fin.jpg
2013_ToshikoPrize_0274.jpg2013_ToshikoPrize_0261.jpg2013_ToshikoPrize_0013A Panorama.jpg2013_ToshikoPrize_0280.jpg2013_ToshikoPrize_0269.jpg2013_ToshikoPrize_0265.jpg

「Alien Vision 7 ー天の川のなかでたった一つのほんたうのその切符を決しておまへはなくしてはいけない。ー」(宮沢賢治「銀河鉄道の夜」より)
2013 FRP、Paint × Sculpt、日本色タブロー、ガンコラ、Oil sculpture 他 133×231×88cm 別名:ゆーほーん3号 作家蔵
©公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団 撮影: 上段 - 松原豊/下段 - 日比野武男

fin300_027.jpg

16.jpg6.jpg11.jpg4.jpgfin300_031.jpgfin300_042.jpg

「Alien Vision:unlimited oil」(Alien Vision 0,1,2,3,5,6) 川崎市岡本太郎美術館 インスタレーション
2013 FRP、Paint × Sculpt、日本色タブロー、ガンコラ、Oil sculpture、テールランプ、アクリルドーム、ボンネット 他  
500×500×500cm Photo:Matsubara Yutaka

Img0715-11.jpgImg0708-11.jpgImg0726-11.jpgImg0735-11.jpgImg0749-11.jpg

「Alien Vision 5:Metamorphose」 別名:ゆーほーん5号 2012 Paint × Sculpt、日本色タブロー、Oil sculpture 163×100×90cm 個人蔵

17.jpg21.jpgfin300_076.jpgfin300_086.jpgfin300_085.jpgfin300_038.jpg

「Alien Vision 3 ー鳥よ‥‥おまえはどこから来た?なぜわしをそう見つめる?ー」(手塚治虫「火の鳥」より) 別名:ゆーほーん1号
2012 FRP、Paint × Sculpt、日本色タブロー、ガンコラ、Oil sculpture、ガンコラ、Oil sculpture、日産スカイラインのテールランプ、アクリルドーム 他 500×205×205cm 作家蔵

Img07671.jpgImg07762.jpga0.jpgImg07811.jpg

「Alien Vision 0:核心」 別名:ゆーほーん0号 2011 Paint × Sculpt 57×51×58cm 個人蔵

fin300_036.jpg

D8M_3952-fin.jpg「つのぴー1号」 2012 日本色タブロー 個人蔵D8M_3985-fin.jpg「ゆーほーん2号」 2013 日本色タブロー 個人蔵fin300_023.jpg「がんがん1号」 2012  日本色タブロー 個人蔵DSC_2717.jpg「つのぴー16号」 2012 日本色タブロー 個人蔵DSC_2799.jpg「つのぴー17号」 2012 日本色タブロー 個人蔵DSC_2771.jpg「つのぴー26号」 2012 日本色タブロー 個人蔵
fin300_005.jpg「つのぴー34号」 2012 日本色タブロー 個人蔵45号.JPG「つのぴー45号」 2012 日本色タブロー 個人蔵69.JPG「つのぴー69号」 2014 日本色タブロー 個人蔵71.jpg「つのぴー71号」 2014 日本色タブロー 個人蔵77.jpg「つのぴー77号」 2014 日本色タブロー 個人蔵つの79.JPG「Cosmic capsule:つのぴー79号」 2013 個人蔵 
82.jpg「つのぴー82号」 2014 日本色タブロー 個人蔵D3A_6323-140301-fin300.jpg「つのぴー85号」 2014 日本色タブロー 個人蔵88.jpg「つのぴー88号」 2014 日本色タブロー 個人蔵89.jpg「つのぴー89号」 2014 日本色タブロー 個人蔵100.jpg「つのぴー100号」 2014 日本色タブロー 作家蔵106.jpg「つのぴー106号」 2014 日本色タブロー 個人蔵
107.jpg「つのぴー107号」 2014 日本色タブロー 個人蔵108.jpg「つのぴー108号」 2014 日本色タブロー 個人蔵112.jpg「つのぴー112号」 2014 日本色タブロー 個人蔵113.jpg「つのぴー113号」 2014 日本色タブロー 個人蔵118.jpg「つのぴー118号」 2014 日本色タブロー 個人蔵119.jpg「つのぴー119号」 2014 日本色タブロー 作家蔵
134.jpg「つのぴー134号」 2015 日本色タブロー 個人蔵135.jpg「つのぴー135号」 2015 日本色タブロー 個人蔵136.jpg「つのぴー136号」 2015 日本色タブロー 個人蔵138.jpg「つのぴー138号」 2015 日本色タブロー 個人蔵141.jpg「つのぴー141号」 2015 日本色タブロー 個人蔵142.jpg「つのぴー142号」 2015 日本色タブロー 個人蔵
143.jpg「つのぴー143号」 2015 日本色タブロー 個人蔵144.jpg「つのぴー144号」 2015 日本色タブロー 個人蔵177.jpg「つのぴー177号」 2015 日本色タブロー 個人蔵188.jpg「つのぴー188号」 2015 日本色タブロー 個人蔵fin300_002.jpg「つのぴー1号〜51号」 インスタレーションエイリアンの化石1.jpg「エイリアンの化石」 2014 フレスコ画
D8M_3764.jpg「つのぴー101号、ゆーほーん4号」 作家蔵つんたろう7号.jpg「つのたろう7号」 2013 日本色タブロー 作家蔵D8M_3754-fin3.jpg「つのたろう10号」 2013 作家蔵fin300_018.jpg「がんがん2号」 2012 日本色タブロー 個人蔵fin300_015.jpg「つのたろう1号」 2012 日本色タブロー 個人蔵プラットホーム.jpg「プラットホーム:ちきゅー」 2013 FRP
fin300_012.jpg「Oil sculpture:M12015」 2012 Oil sculpture 個人蔵 fin300_024.jpg「Alien wing:M12018」 2012 Oil sculpture 作家蔵fin300_025.jpg「Alien Vision 3ー・・」<detail> 作家蔵fin300_014.jpg「Alien ship:M12001」 2012 日本色タブロー 個人蔵21.JPG「Oiled mushroom:M12002」 2012 日本色タブロー  個人蔵fin300_050.jpg「Earth 1」 2012 油彩 他 個人蔵

a
a

.

a
ー Alien Vision : Manga "漫画" ー

「ALIEN VISION 100,000,000,000,000,000,000 "垓"」 2013.1 ー 継続中 ▶▶
支持体:ホワイトパール塗装された車のボンネット、アクリル板、紙 / 画材:油絵具、インク、絵画、立体、デジタル

AM5-6-01.jpg
「Alien Vision 6:Manga」(ALIEN VISION 100,000,000,000,000,000,000 "垓") 2013 
日本色タブロー(自動車のボンネットにホワイトパール塗装、油彩)

a

a

a
ー Alien Vision : Eternal "永遠" ー

永遠の個.JPG
© ISHIYAMA Hiromichi 「永遠の個」 2009 板 白亜地 油彩 162.1×162.1cm
a

P 永遠の子.JPG「永遠の個」 2009 板 白亜地 油彩・アクリル 162.1×130.5㎝ 個人蔵P cubu青5.jpg「Cube」 2008  紙 アクリル 17×18㎝ 個人蔵永遠の個.JPG「永遠の個」 2009 板 白亜地 油彩・アクリル 162.1×162.1㎝ 作家蔵P 時空世界.JPG「時空世界」 2008 フレスコ 53×45.5㎝ 個人蔵P 0-wing.JPG「0-Wing」 2008 キャンバス 白亜地 油彩・アクリル 89.4×145.5㎝P 自転車2.JPG「自転車と洗濯物」 2008 キャンバス 油彩 91×116.7㎝ 個人蔵
宇宙ベッド 原版5.jpg「宇宙ベッド」 2011  紙 アクリル 22×22㎝  個人蔵P cube ピンク-2.jpg「Cube」 2009 キャンバス 油彩 24.2×41㎝ 個人蔵生命の洗濯 セット.jpg「生命の洗濯」 2007 キャンバス 油彩 91×233.4㎝ 作家蔵P 衆愚300.JPG「衆愚 / Ochlocracy」 2006 キャンバス 油彩 218.2×291㎝ 作家蔵エイリアンの墓標.JPG「エイリアンの墓標」 2014 紙 色鉛筆 18×18㎝ 個人蔵IMG_4596.jpg「Cube」 2014 黄鉄鉱 油彩 個人蔵
サーカスナイト.jpg「サーカスナイト」 2015 板 白亜地 油彩 33.3×33.3㎝ 個人蔵イリュージョン.JPG「イリュージョン」 2016 板 白亜地 油彩 33.3×33.3㎝ 個人蔵

a
a

a
ー Alien Vision × かもめのジョナサン

Web個展「Alien Vision × かもめのジョナサン」 2014.7.14 ▶▶

AJ1.jpg1.jpgaj3.jpgaj4.jpgaj9.jpgaj13.jpg

a
a

a
ー drawing "線描" ー

12.jpg「drawing#1」 2013 紙 ペン 色鉛筆13.jpg「drawing#2」 2013 紙 ペン 色鉛筆D8M_3994.jpg「drawing#3」 2013 紙 ペン 色鉛筆N.Y ドローイング.jpg「drawing#4」 2013 紙 ペン 色鉛筆千年スーツ ドローイング.jpg「drawing#5」 2013 紙 ペン 色鉛筆img090.jpg「drawing#6」 2014 紙 ペン 色鉛筆
超世界怪獣1drawing.jpg「drawing#7」 2014 紙 ペン 色鉛筆超世壊怪獣1<頭部>drawing.jpg「drawing#8」 2014 紙 ペン 色鉛筆d8.jpg「drawing#9」 2014 紙 ペン 色鉛筆d10.JPG「drawing#10」 2011 紙 ペン 色鉛筆 アクリルd11.JPG「drawing#11」 2011 紙 ペン 色鉛筆 アクリルd12-k.jpg「drawing#12」 2015 紙 ペン 色鉛筆
ad1.jpg「drawing Alien Vision:unlimited oil」 2012 紙 ペン 色鉛筆 写真dr13/.jpg「drawing#13」 2015 紙 ペン 色鉛筆

a
a

a
ー Order "受注制作" ー

IMG_4246.JPG展示1.jpgはっぴー.jpgはっぴー大.jpgようせいの.JPG

美容院「Hair Garden N.Y」 
立体:「はっぴー」 2014 日本色タブロー 30.8×21×13cm / 絵画:「ようせいのほし」 2014 キャンバス 油彩 42×91cm  Hair Garden N.Y蔵

IMG_510.jpgIMG_511.jpg

「バルジ:ウラジーミルの生神女」 2014 フレスコ画 26×17cm 個人蔵



-

Untradition

Untradition1:Momo.jpg
「Untradition 1:Momo」 2015 板 白亜地 油彩 33.3×33.3cm © ISHIYAMA Hiromichi Photo:Matsubara Yutaka

Momo03.jpg
「Untradition」 2015 © ISHIYAMA Hiromichi

Untradition1:Momo.jpg「Untradition 1:Momo」 2015 板 白亜地 油彩 33.3×33.3㎝ 作家蔵Untradition2:Momo.jpg「Untradition 2:Momo」 2015 板 白亜地 油彩 33.3×33.3㎝ 個人蔵Untradition3.jpg「Untradition 3」 2015 板 白亜地 油彩 33.3×33.3㎝ 個人蔵Untradition4.jpg「Untradition 4」 2015 板 白亜地 油彩 33.3×33.3㎝ 個人蔵Untradition5:Angel.jpg「Untradition 5:Angel」 2015 板 白亜地 油彩 53×53㎝ 作家蔵Untradition6.jpg「Untradition 6」 2016 板 白亜地 油彩 33.3×33.3㎝
Untradition7:Holy light.jpg「Untradition 7:Holy light」 2016 板 白亜地 油彩 53×53㎝ 個人蔵Untradition8.jpg「Untradition 8」 2016 板 白亜地 油彩 33.3×33.3㎝Untradition9.JPG「Untradition 9」 2016 板 白亜地 油彩 27.3×27.3㎝ 個人蔵 Untradition10.JPG「Untradition 10」 2016 板 白亜地 油彩 41×41㎝ 作家蔵

-



-

Character

AM135-136-01.jpg

「Alien Vision 100,000,000,000,000,000,000 "垓"」 2013.1〜継続中 ▶▶
「宇宙人 つのぴー」(さらに詳しい宇宙人の生態) ▶▶
「短編 ジョナサンとリチャード」 ▶▶





.

Review


第16回 岡本太郎現代芸術賞 展覧会カタログ/2013.2.9-4.7
椹木野衣氏  美術評論家

岡本敏子賞  石山浩達 "Alien Vision:unlimited oil"

 宇宙からエイリアン(宇宙人)が地球と人間の姿を見たらどのようになるかーーーほとんど荒唐無稽とも言える壮大な着想、それとも妄想? まず、そんなとんでもない世界観を美術でとらえてみようと挑んだ、作者の沸き上がるような意欲を評価したい。むろんアイデアだけではない。作者はそれを実現するため、西洋絵画の古典技法や近代油彩画の技術はもちろん、素材として合成樹脂や自動車用の塗装、さらにはいわゆる「ガンプラ」のコラージュ、加えて伏線となるマンガ、はては正岡子規の俳句や芥川龍之介の小説に至るまでを総動員して、ほかに例を見ない「Alien Vision」を作り出す。太郎や敏子が見たら、「なんだこれは!」と嬉々として声を発するだろう。

----------------------------------------

美術の窓 2012年5月号「評論家が選ぶ注目の新人アーティスト10」/2012.5
山下裕二氏  美術史家/明治学院大学教授

六歳で「絵描き宣言」した男

 個展の案内ハガキの画像を見たとき、一瞬CGによる出力かと思った。だったらつまらないから見に行かないのだが、画像の下には「板、白亜地、油彩」と表記してあった。絵だとしてもアクリルだろうと思っていたが、油彩だというのが意外だった。
 というわけで、茅場町と日本橋の中間あたりにあるギャラリー、アートラボ・トーキョーへ行くことにした。ここは、いい意味でマイナーなギャラリーで、これまで何人か未知の面白い作家と出会ってきた。本誌連載の「隠し球」でとりあげた近藤智美もその一人。
 こういうリアルな絵は、得てして実物を見てがっかりすることが多い。だが、石山浩達の場合、その精緻な絵肌に感心した。聞けば彼は、六歳のとき画家になることを決意したという。後に送られてきたポートフォリオの略歴にも、そのことが誇らしく記してあった。そんな「絵描き宣言」がいいぞ。ますます引き蘢って、更なる研鑽を積んでほしい。

----------------------------------------

シェル美術賞2010 展覧会カタログ(抜粋)/2010.11.20-11.28
家村珠代氏  インディペンデント・キュレーター

 審査員奨励賞の石山浩達さんの「赤い星」は、見えているものと感じることとがずれているところに、不思議な魅力があります。不吉な血を思わせる赤、しかも大の字にのびた人たち。プールの水に浸った家があって、煙突からは水とともに人が吹き飛ばされています。でも、なぜか、すべてが止まって感じられます。イラスト的に見えると思えば、水に映った家のうっすらとした像が妙に実態感があります。読み込むほどに、見えているものと感情の落差がひろがっていき、それがここちよい体験であることに驚かされた作品です。

----------------------------------------

第5回 世界絵画大賞展 展覧会カタログ/2009.10.25-11.3
遠藤彰子氏  画家

 大賞の石山浩達氏の「Light in Venus」は、特撮映画に興ずる少年のロマンチシズム的世界観が小さな画面に不気味に構築され、得体の知れないエネルギーを放っていた。 子供の頃の記憶や心に存在する私的な空間を、主観的にではなく、あくまでも客観的に捉えている(そのように私は感じた)。 その客観的な視点と、現代的な視点とが重なり合い、私の中で特異な存在として審査の会場で強く目を引いた。丁寧に描かれている部分にも好感を持った。
 優秀賞の中田拓法氏の作品は、非常に詩的である。具体的なイメージとして描かれた卵のようなものと、それを囲う人間の形をした柵。このメタファーとシンボルが生み出す、独特な空気感がこの作品の魅力となっている。 抽象的な感情を表現するための具体的な形(もしくはその逆の関係性)が画面の中で非常に心地よいバランスを保ち、空間や幻想にとどまる事のないリアリティを読み取ることが出来る。興味深く拝見した。
同じく優秀賞の吉行鮎子氏の作品は、ユーモラスな感覚があるとは思うが、ギリギリアウトなのかセーフなのかよく分からない。古くもあり、新しさも感じなくはない。 そのギリギリの所で留まっている感じが良いのか。ただ不思議と変の境界線で奇妙な形でバランスを取っているのかもしれない。
 遠藤彰子賞の笹川香織氏の作品には、素朴な中に幻想的な良さがある。(良い意味でも悪い意味でも)モチーフの特異性に作家の想いを仮託したような作品が多い中、この飾り気のない風景画が私の中に最後まで残った。 画面には普遍的な要素を含みつつも、日常的な意識状態で見ている光や色とは異なるゆるやかな空気が感じられ、そこにホッとするような居心地の良さが感じられた。
 惜しくも選外になった作品の中にも、落としがたい作品が多数あった。審査結果を見ると、受賞者の多くが若い世代であることに驚いた。上の世代にも是非とも頑張って欲しいと思う。今後も大いに期待したい。

----------------------------------------

第5回 世界絵画大賞展 展覧会カタログ/2009.10.25-11.3
本江邦夫氏  美術評論家/多摩美術大学教授

 絵画には世界の実相を写しだす「鏡」のようなところと、勢いよく未来を投影する「映写機」のようなところがあります。
 果てしない慢性的な不況は、絵画つまり「色とかたち」に確実に影響をあたえていることは、出品作ぜんたいに見られる見通しの悪さによく現れています。 柿沼宏樹さんの、異国の街に人を食う建物が潜んでいるという発想はユーモラスではありながら、目下の絶望的な不況抜きには考えにくいものです。
片岡亮さんの堅実に描かれたどこかの飲食店の内部は窓ひとつ見えず、人を描いていながら人の気配がありません(この方がまだ18歳だと知って驚いています)。 笹川香織さんの日本画も「帰り道」を描いているはずなのに、作者の立ち位置も、帰るべき方向も見えず、すべてが朦朧としています。 要するに、立ち尽くしているのです。同じような曖昧さは中田拓法さんの頭蓋骨のある不気味な風景にも漂っていて、これが単純なメメント・モリ(死を想え)の絵とはとても思えません。
 内藤亜澄さんの描く、ぽっかりと目の前に開いた深淵を前にまさに立ち尽くす、寄る辺なき裸形の人物は私たちの分身かもしれないのです。画面ぜんたいの輪郭をいっさい見せない不分明さがここでは不安と直結しています。
 こうした状況的な暗がりの中で個を確定しようと思えば、吉行鮎子さんのように「半径45cm」の私的な、自分だけの空間を見据えるしかない、ということにもなるでしょう。これは何か決意のようなものを感じさせるきっぱりとした絵です。 荒川由貴さんの、子どもたちを熱っぽいピンク一色で活写したかのような、岩彩の物質感をいかした勢いのある描写にも、同じような決意、そして未来への眼差しを感じます。
 大賞となった石山浩達さんの描く、大宇宙のヴィジョンを背に金星(?)の上で目から強烈な光を放射する少年の最大の魅力は、目下の停滞した状況を吹き飛ばす、未来に向けられたそのどこまでも明朗な意欲にあるのではないでしょうか。絵画という「鏡」は今や未来を映しだそうとしているのです。

----------------------------------------

第5回 世界絵画大賞展 展覧会カタログ/2009.10.25-11.3
絹谷幸二氏  画家

 本年の世界絵画大賞展は良作が沢山集まり入選すら大変むずかしい激戦になりました。年ごとにレベルが上がって来ている感を深めながら審査しました。 しかも、この大賞展は作風が多岐に渡り個性あふれる御作が認められました。
 それら多数の作の中から石山浩達氏の劇画かと見間違うほどの力強い作が大賞となりました。 眼光から光が発散し、絵画とは見る作法であるということを伝えているのでしょうか。現代という時代を背景にした秀作であると思いました。 優秀賞の中田拓法氏、吉行鮎子氏の作は筆力に富んだ静かな御作ですが心に染みる作です。
 絹谷幸二賞の片岡亮氏の作品。とあるレストランでしょうか?どこにでもある都会でアルバイトする市民をさりげなく描いた作は好感を呼びました。
 又、その他にも秀作は山積でしたが、それぞれの顔を持ち、独自の個性が輝いていたと思います。入選落選を問わず、描く仲間達の元気なエネルギーを感じつつ、審査をさせていただきました。

----------------------------------------

第5回 世界絵画大賞展 展覧会カタログ/2009.10.25-11.3
佐々木豊氏  画家

石山浩達ー若者のみが描ける絵

 参った。こんなパンチのある絵、描けたらいいなと思う。若者のみが描ける絵である。 目から光が迸り出るイメージはどこから得たのだろう。漫画かアニメか?大賞の石山浩達氏にきいてみたい。 筆触を残さないエアブラシ技法?にも脱帽。ウィーン幻想派のブラウアーに見せてやりたい。
 優秀賞の吉行鮎子さん。金子國義はお好き?國義は人形のように固いけれど、あなたのは生々しい。 自分の顔を描いたからか?手にやや動きに欠ける。手はむつかしいからね。単純な明暗と色面構成が訴求力を強めていますね。
 優秀賞の中田拓法氏の絵も明と暗の二つの単純なパターンで構成されている。 お化けのような不気味な樹と前景のがいこつ人間、それにモノクロームの色調。この三つが幻想味をかもしだしていますね。  
 国際展賞の荒川由貴さんは難しい群像によくぞ挑戦。正面、横、逆さ顔を組み合わせたところに作者の冒険を認めます。
 佐々木豊賞の柿沼宏樹氏は見るほどにおもしろさが増してくる。アイデアと濃密さは大賞作品に匹敵する。
 今年は総じて若手が勝利。頑張ろうシニア。



-